日本には、すてきな島がたくさんあります。
特に、都心部から離れたところにある島には、独自の文化や風土があり旅行や観光で訪れる人も多いのではないでしょうか?
中には、「いつかは離島で生活してみたい!」と考えている人もいるかもしれませんね。

おむすビーズでは、島根県にある「隠岐の島」という島と協力し島型インターンシップを開催しています。
数日間、島で生活し、隠岐の島ならではの文化や生業を体験するという内容です。
実際にインターンシップがきっかけで移住する人もおり、移住してみてわかったという島の特徴を聞くことができました。
この記事では「離島での生活」をテーマにメリットやデメリットを紹介していきます。

「田舎のネズミと都会のネズミ」

「田舎のネズミと都会のネズミ」というお話をご存知でしょうか?
「幸せは人それぞれで、満足できる形や安心できる場所は異なる。」という教訓を物語にした童話です。

生活環境をメリットと捉えるか、デメリットと捉えるかは人によって違います。
田舎と都会の価値をどう見出し受け取るかはその人次第です。

このお話と同じように、何を幸せと感じるかは人それぞれですので、結局のところは本人の心構え次第となります。
しかし、実際に都会では当たり前にあることが田舎ではなかったり、田舎独自の文化があるのも事実です。

離島といってもネットの普及により、以前ほど情報が入ってこないことはなくなりました。
ただ、昔ながらのものを大切にする島ならではの伝統は、都会から来た人には水が合わない、なんてことにもなりかねません。
きちんと特徴を知ることが大切です。

離島での交通事情についての特徴



不便なところ

・マイカーがないと移動手段に困る(路線バスは本数があまりない)。
・天候によって船などの便が欠航。行き来が予定通りにいかないことがある。
・道路の整備が行き届いていない。

良いところ

・島のロケーションが最高(絶景が日常)なので、通勤ルートを楽しめる。
・時には不便さを味わう事も人間にとって必要。人間力が向上する。
・車屋さんの対応力が高い&車のトラブル時にご近所さんに助けてもらう事もしばしば。

スーパーや薬局など生活環境についての特徴

不便なところ

・島全体としてスーパーや薬局は少ない
・〇〇商店など小さな日用品を売る商店はあるが夕方には閉まってしまう。
・品揃えに限界があり、洋服などは選択肢が少ない。
・島外から輸入した生鮮やマヨネーズなどの加工品、調味料等は一律値段高め(店舗さんの郵送コストと思われます)

良いところ

・地元産の生鮮品は鮮度の良いものが買える。
・魚介類や農作物などの地域資源が豊かなので、食材や労力のおすそ分け文化がある。
・島内でしか流通していない未知の食材と出会える。
・徒歩圏内に海や山の大自然がある。
・島の中心地は予想外に開けていてなんでも揃うことに感激(スタッフ談)


未知の食材?


地域コミュニティについての特徴


特徴

・子供がすくすく育つ。単身、核家族で生活していても孤立しづらい。
・自治力が高い。連帯感による見守り力も高い。
・うわさ話はネットより早く広まる。
・草刈りや清掃活動等の地域の地場作業があるため、コミュニケーション量は多め。

※とある地区では小学生が2人しかおらず、夏休み中の毎朝のラジオ体操では地区の年配の方々も一緒に体操されていたという、ほっこりしたお話もあります。

仕事についての特徴

特徴

・仕事は意外と多い。(縁が出来ると他の仕事の声もかかる)
・最低賃金が都会に比べて低い。
・介護、医療、建築、一次産業の募集が多い。
・隠岐の島は全国でみても平均労働時間が短い。余暇に費やす時間を確保できる!
・競合が少ないので新たなビジネスチャンスを発掘し実現するチャンスがある。

まとめ

いかがでしょうか?
都会から離島へ移住した人の声をもとに、離島で生活することの良いところや不便なところ、仕事やコミュニティの特徴についてまとめました。
実際の生活は自分の目で見てたしかめないとわからないことも多いです。
もし、離島の生活に興味をもたれればお気軽におむすビーズまでお問い合わせくださいね!


« 田舎暮らし新着情報・イベント情報 トップに戻る