田舎へ移住して「成功する人」と「失敗する人」には実は共通点があります。
もちろん、必ずこのとおりになるという訳ではありませんが、「こういう考えで移住をする人は、移住したあとも豊かな人生を送っている人が多い」という法則のようなものです。
反対に、「このような考えで移住した人は、思っていたのと違う!と考えるようになり、数年で都会に戻る」という、法則もありました。

この記事でまとめて紹介していきます!



田舎への移住で成功する人の共通点

移住の成功とは?

「成功」を定義することは難しいですが、ここでは移住した先に自分の望んでいたライフスタイルを手に入れる方法としておきます。
理想のライフスタイルを送っている移住者に共通することには次のようなものがあります。

1 明確な目的があり、やりたいことが決まっている
2 移住支援を上手に活用できている
3 現地の仕事以外にもサイドビジネスがあるなど、収入がしっかりとある
4 現地に恋人ができる
5 コミュニケーション能力が高い


こういったことを大切にしている人は理想を叶えている人が多いと感じます。

失敗する人の共通点

1 甘い計画でいきなり田舎に行く(仕事がない、なくなるなど)
2 人付き合いが苦手
3 良い所だけを見て移住し、実際の環境や不便さが想像以上だと不満を持つ
4 パートナーや家族に反対されているのに移住する
5 飽き性


このような考えを持ち移住をした人は、移住先の生活に馴染めず、すぐに引っ越したり都会に戻ってくるという人が多いです。
事前の情報収集を怠り思いつきで行動しただけの場合に「失敗」と感じる人が多いように感じます。

まとめ

一年を通してできる仕事にありつけるかどうか。収入面での安定がとても大事です。
仕事ならいくらでもあるだろうと、とりあえず行ってから仕事を探すのは移住に失敗するよくある例です。
事前に調査し、しっかりと計画をたててから移住を決めましょう。
流行りの古民家を改装して田舎に住む事に憧れ、いいイメージだけを持ってすぐに移り住むと今までの生活とのギャップや不便さ、想像していたのと違う。と不満に思い移住したことを後悔し、都会に戻るということもあるようです。
成功する人の共通点に「現地に恋人ができる」と書きましたが、同じ目的を持って一緒に頑張れる人がいるということがすごく大きな心の支えになるのですね。


« 田舎暮らし新着情報・イベント情報 トップに戻る