山下早苗さん

居住地:土佐町
年齢:43歳
家族構成:ひとり暮らし
以前の仕事:派遣社員
現在の仕事:農業生産法人・株式会社れいほく未来スタッフ


ゼロからでも農業の魅力はたまりません!


「こっちへ来てこの仕事をするまで、農業の知識や経験なんて全くありませんでした。母に言われて花に水あげしてたくらいで!(笑)」ハツラツとした活気ある声で、こう当時のことを話してくださったのは高知県土佐町にお住まいの山下さん。これまでにまったく経験のない農業を仕事として始めて2年目になる。

現在、山下さんは農業生産法人・株式会社れいほく未来さんに所属され、1人1ハウス(ビニールハウスでの野菜栽培)、割り当てられた農作業として米ナス・カラーピーマン・いちごなどを育てている。「この子ら(野菜・土)は生き物だから、それぞれの野菜によって作業ペースも違ってくるし、本当にそれぞれ。忙しい夏になると休みなくお世話をしています。でも、それが本当に楽しいんです!」2年前から始めたゼロからの農業に対して、イキイキと話してくださった。忙しさの中にある「楽しさとやりがい」。仕事という枠組みで農業をやられているというよりも、既に農業が山下さんの生活の一部と化しているようだった。


子育てへの想いで移住した高知市。


「祖母の家が鹿児島で、小学生の頃まで田舎に住んでいたことはありました。でもそれ以来はずっと大阪での暮らし。心のどこかで「鹿児島帰らんのかな?」といった思いはありつつも、その後長らく機会もなくて…。」大阪での生活としては、物流関係の事務や食堂スタッフなどさまざまな仕事を経験されていた。また、休みの日に大好きな本を家で読んだり、ゆーっくりと過ごす時間が何よりもの楽しみとして過ごされていたそうだ。


「きっかけは2年前、大阪で農業人フェアが開催されているのを知り、仕事との休みも合ったことからふらっと参加しました。そこでおむすビーズの方が声をかけてくれて、土佐の農業研修に参加することに。その頃にはもうすでにこっちへ来る気満々だったこともあり、以前の仕事も辞めていて…」迷いはなかったと言う。大阪の中であちこちと移動していたこともあり、今回の土佐移住も山下さんの中では「転職・引っ越し」といった感覚での決断だったそうだ。「研修中、現地の方々から『仕事やったらいくらでもあるし~、雇ってあげるよ~』って言ってもらえて。そのまま研修後、大阪に帰ってぱぱっと荷物をまとめて移住して、今に至る感じです」。

田舎に対する憧れがあったとはいえ、これまでの仕事も含む、生活が変わることへの不安はなかったのだろうか。そんな思いを持って、山下さんにお伺いすると「これといった不安は特にありませんでした。(笑)生活に関してもコンビニやスーパーも車で10分の所にありますし、今はネットで買い物もできるので。以前との違いと言えば、ネットで買った物の日付け指定ができないところですかね。それは、こっちへ来てからあっ、そうなんだって思いました。でも、農業の仕事は自分で調節できるので、たいして問題というわけでもないですけど」多少の不便も、そういうものと割り切っていれば自然と慣れてきたそうだ。

また、大阪にいた頃から持っていた「ゆっくりと過ごす自由のために仕事をする」といった感覚は住む場所・働き方が変わった今でも変わらずにあることも、山下さんが田舎暮らしを楽しめているポイントだという。


土佐でのこれから。


農業・田舎暮らしの素晴らしさを存分に楽しまれている山下さんに、土佐でのこれからについてお伺いした。「親もこっちへ来ることになっています。親戚に関しては1人すでにこっちへ移住してきていますよ」。

続けて、こんな素敵なお話をしてくださった。「実は、こっちへ来て彼氏ができまして。その彼と一緒に農業ができたらと思っています。仕事の方も、来年頃には独立してやっていきたいのでその準備もあり今年は忙しくなりそうです」


« 僕たちの田舎暮らし体験談 トップに戻る

お電話での資料請求・お問い合わせはこちら
06-6939-3631
受付時間/9:00~18:00
お電話での資料請求・
お問い合わせはこちら
06-6939-3631
受付時間/9:00~18:00
インターネットでの資料請求はこちら 
資料請求・お問い合わせ